出張撮影のLu-photo

お宮参りや家族写真の出張カメラマン

千代田区の東京大神宮にてお宮参りの出張撮影

東京大神宮でお宮参りの写真
2019.8 東京都千代田区

こんにちは!
Lu-photoのフォトグラファーの緒方です。
夏も終わりを迎えた8月の下旬に、東京千代田区の東京大神宮にてお宮参りの出張撮影をさせていただきました。

今回撮影させていただいた東京大神宮は、東京の千代田区飯田橋駅より歩いて5分、ビルが並び立つビジネス通りに位置しています。

東京大神宮は「東京のお伊勢さま」とされて親しまれ、格式の高い「東京五社」の1つともされています。

そのうえ、現在東京で一番縁結びのご利益をもつ、「ロマンス」のパワースポットとしても話題となっています。

また、1900(明治33)年その時代に、皇室の婚礼の義が神社で最初に執り行われたことで由縁の神社としても注目されるようになったみたいです。

その後、東京大神宮を中心に日本国内に神前結婚式が広められたそうです。

ちょうどこの日も東京大神宮の境内でブライダルの撮影を行っていました。

今まで、たくさんのブライダル写真を撮影させていただきましたので撮影風景がとても懐かしかったです。

本日の撮影の主役は生後2ヶ月くらいの可愛い女の子です。
天気は良かったですが、この日はとても気温が高かったので休憩しながら撮影しました。

最初は、東京大神宮の境内にあるマツヤサロンさんのロビーの中で撮影スタートしました。
(もちろん撮影の許可はいただいております)
ロビーから見える境内の緑が美しかったので窓際で数カット撮りました。
ブライダルの前撮りで、よく似たシチュエーションで撮影していたのですぐにイメージが湧きました。
優しい雰囲気のカットがたくさん撮れていますよ。

その後は外に出て、立派な社殿をバックにご家族写真を中心に撮影しています。
東京大神宮は縁結びで有名な神社だけあって多くの参拝者でいっぱいでしたが、お客様のご協力により色々なカットを撮ることができました。
後半は比較的人の少ない場所を探して、パパとママと赤ちゃんの3人のカットやイメージ的なカットをお撮りしています。

撮影にご協力いただいたご家族の皆様、暑い中本当にありがとうございました。
また東京大神宮・サロンのスタッフの方、丁寧なご説明をありがとうございます。

 

 

1880(明治13)年に創建された東京大神宮は、比較的新しい神社とされています。
その時代、伊勢神宮へのお参りが望まれながらも移動距離が遠く、そんな簡単には訪問できない場合が多々あったことから、伊勢神宮の遥拝殿(距離のある地域からお参りするための施設)として創建されたそうです。

元々は日比谷で創建されていたため「日比谷大神宮」と呼ばれていて、昭和になって今の場所に移転してからは「飯田橋大神宮」として、終戦後は「東京大神宮」と社名をを一新し、今に至ります。

東京大神宮でお宮参りの出張撮影をご検討されている方は是非参考にされてください。
最後までご覧頂きましてありがとうございます。

 

撮影についてわからない事があればいつでもお問い合わせをお願いいたします。

Lu-photoお宮参りの写真