出張撮影のLu-photo

お宮参りや家族写真の出張カメラマン

【還暦のお祝いに記念写真!】

還暦祝いのイベントで家族写真をプレゼント!

還暦とは満60歳(数え歳で61歳)え生まれた年の干支を一巡して自分の生まれた干支に戻るので、暦が戻ったという意味で、還暦と呼ばれています。干支は別名を十干十二支(じっかんじゅうにし)といい「甲・乙・丙・丁・戌・己・庚・辛・壬・癸」という10種類の「干」と、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・西・戌・亥」という12種類の「支」を組み合わせて使います。歴に使うときは十干と十二支を組み合わせて「甲子」「丙午」などといいます。十干と十二支の組み合わせは60種類にも及び、人間が生まれてから60年経つと、この60種類の干支が一巡します、このことから「生まれた時と同じ暦に帰る」ということで「還暦」と呼ぶようになりました。日本では昔、年齢を数える時に生まれた時点で1歳とし、元旦を迎えるたびに年齢を加算していく「数え年」という考え方がありました。このため還暦を数え歳の61歳でお祝いしていましたが、最近では満60歳になる年にお祝いするケースが増えています。

還暦祝いはいつ祝うの?場所は?  

還暦は、60年で歴が一巡した長寿をお祝いするので、満60歳の誕生日か、その前後にご家族で集まれる日に行うケースが多いです。ただ、これは厳密な決まり事ではなく、いつ行うかはそれぞれ自由です。お祝いする場所はご自宅で好きな料理を作ってお祝いしてもいいですし、レストランなどで会食もオススメです。ご家族全員揃って、おじいちゃん、おばあちゃんへのこれまでの感謝の気持ちと、これからのご健康を祈って一緒に過ごすことが大切です。事前にご本人様と相談してできる限りご家族や親戚の方が集まりやすい日時を決めてもいいかもしれません。

還暦祝で贈られる赤いちゃんちゃんこ!

なぜ『赤いちゃんちゃんこ』かというと、還暦は60年で生まれた干支に還るため、赤ちゃんに戻るという意味があり、赤ちゃんと語呂が似ている赤いちゃんちゃんこを羽織るようになったと言われています。また、赤い色には魔よけの力があるとされていて、赤ちゃんを病気や悪いものから守るために、魔よけの力があると考えられていた赤い色のちゃんちゃんこを贈るようになりました。これまでの労をねぎらい、今後の健康を祈って、長生きしてほしいという願いを込めて赤いちゃんちゃんこをプレゼントする風習が全国的に広まったと言われています。現代では、60歳を迎えてもまだまだ若々しい方が多くなっているので、還暦祝いは長寿の祝いというよりも人生の区切りをお祝いするという意味が濃くなっています。贈り物も赤いちゃんちゃんこの代わりに赤いネクタイ、スカーフ、おしゃれな蝶ネクタイなどをプレゼントして記念撮影する方が増えています。日頃は身につけない赤い色のアイテムは、イベント的には盛り上がること間違いないです。一緒に記念撮影して楽しみましょう! 60歳で迎える還暦祝い。まだまだこれからという方も多いかと思います。

ご両親様の新たな出発を記念して出張カメラマンによる撮影をプレゼント!

ご両親様の大切な節目に記念撮影のプレゼント!出張カメラマンに撮影の依頼をすると、自宅やレストランで行う還暦祝いの会にきてもらって撮影を行ったり、ご両親様の思い出の場所で記念撮影などできるのでオススメです!記念撮影は「形+思い出」の両方を残すことができます。形としての写真に加え、撮影時の雰囲気も感動的なものになるため、思い出をカタチとして残すことができます。緊張から始まったカメラマンによる撮影も、慣れてくると普段見せている自然な表情に変わってくるので、ご家族一緒に楽しく過ごすことができます。それに、赤いアイテムを身につけて、ご家族で一緒に写真にうつる、ということは還暦などの長寿のお祝いの際にしかできない貴重な機会です。食べ物〜インテリア・服飾品など定番のプレゼントもいいですが、人生の中でも大きな節目になる還暦なので、ご本人様では選ばない特別なプレゼントを贈りたいですよね。家族全員の写真だけでなく、お一人の写真、ご夫婦写真、お孫さんと親子写真など、色々な種類の写真を撮る事のできる、プロカメラマンによる特別なプレゼントはいかがでしょうか?

Lu-photo トップページ

 

還暦のお祝いは、日頃なかなか伝えにくい感謝の気持ちを伝えるチャンスです。お祝いで大切なのは、「贈られた方の喜ぶ笑顔」を見たいのと、「送り手側の心の気持ちに」尽きます。「自分のために一生懸命考えて祝ってくれたんだ」という思いが伝われば、素敵なお祝いになるでしょう。ご両親様やお世話になった方が還暦を迎える時は、これまでの感謝の気持ちを込め、今後の活躍を応援して、皆様でお祝いしましょう!

 

Lu-photo 還暦・長寿のページ