出張撮影のLu-photo

お宮参りや家族写真の出張カメラマン

お宮参り用の着物とは?購入?レンタルでもいいの??

お宮参り用の着物とは?購入?レンタルでもいいの??

お宮参りの為にいろいろな用意がありますが、それらの中でも大切なのは赤ちゃんのお衣装になります。どのようなお衣装を準備するの?欠かせないものは何か?生まれて初めてむかえる行事で、パパとママもイメージできないことばかりですよね。赤ちゃんのお衣装は購入したほうがいいのか?それともレンタルにすべきか、大事なイベントなので、ご家庭の事情に合わせてお宮参りを迎えましょう!

お宮参りの出張撮影。神社でロケーションフォト。

 

お宮参りの正装とは?着物って何?

お宮参りは赤ちゃんが生まれた事を神様にお知らせし、その健やかな成長と長寿をお願いに行く行事です。

お宮参りの正式な服装は着物であり、赤ちゃんには「祝い着」を用意することが一般的になっています。
祝い着とは、お祝い事などでまとう晴れ着のことです。

お宮参りの祝い着は、誕生して最初羽織る着物という理由で、「産着(うぶぎ)」又は「初着」という風にも称されます。
ベビードレスをたくさん見掛ける中、正式な衣裳となっている由緒ある「着物」を身にまとうことは、赤ちゃんの祝いイベントを一層盛り上げ、写真映えもします。

日本の伝統を身につけた赤ちゃんの祝い着の姿は、ご家族にとってもかけがえのない想い出のお宮参りになるでしょう!

 

赤ちゃんの正式な衣装は祝い着

男の子 祝い着

龍やトラ、兜など男らしい図柄やデザインの入った「熨斗目模様(のしめもよう)」が主流です。

色は、勇壮なトーンの掛け着だけじゃなく近頃では白やベージュといったやわらかくシックなカラーも流行っています。

虎や龍などの、男の子に元気よく健やかで、且つ勇ましく成長して欲しいという願いを込めた個性的な着物もあります。

また、地域ごとで男児のお宮参りの着物に家紋を入れる場合もあります。

お宮参りで使用した掛け着は仕立て直すことにより3歳・5歳の七五三の参詣や記念写真にも装うことができます。
お宮参りだけに限らず、特別な思いがあるお着物を成長と共に着られることができるのです。お宮参りの出張撮影。男の子祝い着の写真。

 

女の子 祝い着

花や蝶や御所車が描き出された「友禅模様(ゆうぜんもよう)」が主流で、女の子らしい手毬柄、うさぎ柄、和花柄などがよく選ばれます。
色合いは赤・ピンク・白・イエローなどきらびやかなトーンが流行っています。

女の子も和装の場合は男の子と一緒で、はだ着・掛け着・スタイ・帽子を着けます。
白羽二重の着物を着せた上から、祝い着(いわいぎ)を身につけるスタイルが正式です。

ただ近頃では、白いベビードレスの上に祝い着をかける着せ方が定着しています。お宮参りの出張撮影。女の子の祝い着。

お宮参りに祝い着は欠かせないの?

お宮参りに行くにあたり、掛け着は絶対必要かどうか頭を悩ませている方も少なくないでしょう。

現在ではベビードレスや、気軽な服装でお宮参りに参拝する方も増加していて、どちらかと言うと衣裳よりも赤ちゃんの身体の調子を第一に考える方が少なくないようです。

ただし、秋のシーズンから冬場にわたってお宮参りを行う際、土地によっては気温が低いところもあり、気軽な服装では風邪をひくなど、体調不良を引き起こすことも考えられます。

掛け着は温かく防寒目的でも用いることが出来るから、赤ちゃんの健康の事を考えても準備しておいたほうが安心できるでしょう。

お宮参りの出張写真。ベビードレスの写真。

お宮参りのお衣装は購入?レンタル?それぞれの違い

お参りの際に羽織る祝い着は、どういうふうに用意したらベストなのか。

買うケースとレンタルする場合において、平均価格とメリット・デメリットをご案内します。

 

購入する場合の平均価格とメリット

まず、購入する場合の平均価格とメリットを見てみましょう。

 

購入の平均価格

着物は値段の幅があるので、正絹の高額品なら、大人の着物以上の価格のつく祝い着もあるのですが、一般向けに市販されている物は3~5万円程度の値段の商品が多いようです。

安く抑えたいのであれば、アウトレット商品や古物を見つけてみても良いかもしれません。

どちらにしても購入するつもりなら、レンタルと比較しますと費用がかかる可能性が高いでしょう。

 

購入のメリット

購入すると、もちろんご家庭で保管できるので、お宮参りの記念という形で想い出をずっと側にしまっておけます。
一度でも購入すればご家庭に置いておけるから、きちんと管理しておくとご兄弟姉妹が誕生した際やお孫様の代至るまで残せます。
かけがえのない記念にもなるからこそ、ご家庭に保管していたらお宮参りの記憶だけに限らず、パパとママの思いも残せるに違いありません。

七五三で再び晴れ着として使用できる

お宮参りの後は七五三のイベントを迎えます。
七五三はお子様の成長を祝する行事としてなくてはなりません。

祝い着は仕立て直しができて、お子様の年齢に応じてお直しすることができるのです。
お子様の成長ペースによりけりですが、女の子でしたら3歳、男の子の場合は5歳頃まで袖を通せることが多いです。

七五三を行う為に着物を購入しなくていいので、ご多忙のママ達にはおすすめです。

ラインナップが幅広いから自分らしさ最優先で購入できる

赤ちゃん用品のレンタル専門店では一般的な着物を重点的に扱っているので、割とデザインが決まってしまうかもしれません。
その点、購入するケースではラインナップが豊富なので、好みの着物を見つけることができるという訳です。

ご希望のデザインや、色あいを妥協せずチョイスできるのが購入の一番の利点と言えるのです。豊島区の高田氷川神社にてお宮参りの出張撮影

 

 

購入のデメリット

金額が高い

着物を購入の場合だと3~5万円必要になります。

生地のランクや、家紋を入れるかどうかにより料金に差が出てくるので気を付ける必要があります。

使用したあとに小まめなケアが求められる

ご家庭に保管しておくなら、使用した後にクリーニングに持っていくのは勿論のこと、カビなど発生しないよう、収納の仕方には注意しなくてはなりません。

クリーニングに出した後も、周期的にメンテナンスしないと状態は悪くなります。

着物のメンテナンスは大変なので、予め保管対策を確かめておきましょう。

レンタルするケースでの平均価格とメリット

次いで、祝い着をレンタルするときの平均価格とメリットを見ていきましょう。

 

レンタルの平均価格

祝い着をレンタルするケースだと、平均価格はだいたい1~2万円台ほどでしょう。
専門店により開きはあるのですが、ほとんどのケースで、購入と比べてかなりお得に祝い着を準備できます。

レンタル専門店にそのまま見に行く以外、近頃ではネット上でレンタルに依頼するご家庭も増加傾向にあります。
インターネット上でのセールプランなどを上手いこと活用すればかつコストを低くできるかも知れません。

 

レンタルのメリット

レンタルのいいところはやはりその便利さにあります。

WEB上のレンタルなら、PCやスマーフォン(タブレット)でホームページを閲覧してチョイスするのみで着物が到達して、お返しも郵送で発送するだけの専門店が多いです。

これ以外には着物がご家庭に残らないから、使用した後のクリーニングや収納の労力が全く不要なのもメリットです。
赤ちゃんを産んだ後の暇がない時だということを考えると、こういった便利さは一番のメリットと言えるのではないでしょうか。

着物を購入するとなると、その他必要なアイテムも一緒にして安くて3万円くらい必要ですが、レンタルですとだいたい1万円程度で揃えることができます。

帽子やスタイなどのアイテムも一緒になっている場合が多いので何かと便利です。

お宮参りで1度だけしか着用しないのでリーズナブルに手間なく準備したいというご家庭におすすめです。

また、レンタルなら着物をご家庭まで宅配してくれますし、準備しておかなければいけないアイテムもセットで(オプション価格の場合もあり)レンタル可能です。

さらに、ホームページ上の申込であるなら外出しないで決めることが可能で、引き取りやお返しもおウチにいながらにして間に合わせられます。

着物の到着日時も選択できるので、お宮参りの参拝日にあわせてあらゆる支度が整えられるので安心して当日を迎えられますね。

この他には、クリーニングしないままお返し可能なお店もありますからママの負担も少なくて済みます。

万が一汚してしまった時は、どの位汚れならプラス料金が発生しないのかは各業者により異なるはずですから、不安な方は前もって確かめてから手配すると安心ですね。

港区赤坂の乃木神社にてお宮参りの出張撮影

 

レンタルのデメリット

着物の品ぞろえが多くないところもあります。
購入と比較すると、レンタルでは選択の幅が多くはないです。

着物に力を入れていないレンタルショップの場合、ラインナップはそれほどないかもしれません。
アイテムと一緒になったリーズナブルなプランを使用したいなら、さらに選択しづらくなると思われます。

必ず着せたいデザインや色合いがあるといった拘りが強い方は、購入を考えた方がいいのではないでしょうか。

キャンセル料が必要となる

専門店にもよりますが、直前のキャンセルや変更はキャンセル料金が必要です。
リーズナブル価格で設定しているショップでも1,000円程度はかかります。

よって、その日に体調不良や悪天で、都合がつかなくなってしまったケースでもキャンセル料が発生する場合もあるという訳です。
別途料金がかかるのが嫌な方は、突然のスケジュール変更に費用なしで対応してもらえる専門店を探してみるのがおすすめです。

そして、レンタルのケースでは利用する期間を決めることが求められます。

予め決めた期間を超えてしまうと、もちろん延滞料金が別途必要になるので、使用した後はいつまでにお返しした方がよいのか確かめてからレンタルしましょう。

 

お宮参りは一生に一度の一大イベント

まとめ

ここ数年は洋装でお参りする方もたくさんいるみたいですが、別のイベントに比べて、まだ伝統ある衣装で参拝をする方もかなりいるのがお宮参りだと言えるでしょう。

土地の神様に、無事赤ちゃんが生まれたことを報告するお宮参りは、やっぱり産着を着せてあげたいと思う人が多いみたいです。

購入かレンタルするのか、かけがえのないイベントであるお宮参りを万全で迎えられるよう、できるだけ早めに用意しておくように心掛けましょう。

その大切なイベントを出張撮影のLu-photoで記念撮影も一緒にいかがでしょうか?

神社での参拝から会食までお客様のご希望に合わせたプランをご用意しております。

 

【Lu-photo スタンダードプラン】

・29,000円

・撮影場所 1箇所(神社など)

・出張料、撮影料、込 (地域によっては出張料金が別途発生します)

・全ータお渡し(100枚~、補正データ)

 

【Lu-photo ロングプラン】

・38,000円

・撮影場所 2箇所(神社→会食など)

・出張料、撮影料込 (地域によっては出張料金が別途発生します)

・全データお渡し(150枚~、レタッチ込み)

 

 

一流ホテルで活躍したカメラマンが出張撮影する「Lu-photo」

Lu-photoお宮参りの写真はこちらから

出張撮影の「Lu-photo」
フォトグラファー 緒方