出張撮影のLu-photo

お宮参りや家族写真の出張カメラマン

【男の子のお宮参り】服装の選び方や価格帯をご紹介!

【男の子のお宮参り】服装の選び方や価格帯をご紹介!

赤ちゃんにとって生まれて初めてのイベントである「お宮参り」。
家族にとっても出産後の初イベントで、どんな準備が必要なのかわからないことだらけですよね。

ここでは、お宮参りの服装の選び方や気を付けるポイントなど、男の子のお宮参りにまつわる疑問にお答えします。

 

Lu-photoお宮参りの写真のプラン

【男の子のお宮参り】いつ、だれと行くの?

お宮参りは、無事に赤ちゃんが生まれたことを感謝し、健やかに成長できるように祈るために、「産土神(うぶすながみ)」という土地の神様に参拝することです。

男の子のお宮参りは生後31日目

地域によって違いがあるようですが、男の子の場合は生まれてから31日目、女の子の場合は生まれてから32日目と、だいたい生後1ヶ月頃にお宮参り行く地域が多いようです。

しかし、お宮参りに行く時期が真夏の暑い時期や真冬の寒い時期にあたる場合は、赤ちゃん自身にもお世話をする周りの大人にとっても負担が大きくなるため、無理をしてこの日にちを守る必要はありません。

また、赤ちゃんやお母さんの体調がすぐれない場合にはスケジュールを変更するのも問題ありませんので、生後1ヶ月頃というのはあくまで目安と考えればOKです。

男の子のお宮参り、誰が行く?

もともとの慣習では、お宮参りに行くのは赤ちゃんとその父親、父方の祖父母で参拝し、父方の祖母が赤ちゃんを抱いてお参りしていました。

母親が含まれていない理由は、出産には血が伴うため昔はお産は穢れとされ、穢れのある出産後の母親がお参りするべきではないとされていたから。

現代ではその慣習も厳密ではなく、赤ちゃんと両親だけでの参拝や、父方母方両家の祖父母と一緒に参拝するパターンも増えてきています。

お宮参り撮影レポート

【男の子のお宮参り】正装は和装

赤ちゃんのお宮参りの正装は着物です。
①肌着を着せ、②内着(白羽二重)を着せて赤ちゃんを抱き、その上から③産着を掛けた状態がお宮参りの正装となります。

しかし近年では「こうでないといけない」と厳密な決まりがあるわけではないので、白羽二重の着物の代わりにベビードレスを着たり、産着を掛けずベビードレスで参拝するケースも増えています。
まずは、お宮参りでの基本的な正装をご紹介します。

・白羽二重の内着
真っ白な絹の生地で作られた着物です。光沢があり昔から上等な品物とされていたので、価格も高価です。近年では、白羽二重の内着の代わりにベビードレスを着せたり、普段着なれているロンパースを着せるご家庭も増えています。

・産着
掛け着、祝い着などとも呼ばれます。男の子の産着では、黒や濃紺や白、または深緑や深い青などような勇ましい男の子カラーが定番です。
着物の柄
男の子の産着の柄には、鷹、兜、束ね熨斗、宝船などがありバリエーションが豊富です。それぞれの柄にも意味がありますので、赤ちゃんへの願いを込めて選んでみてくださいね。

鷹…遠くまで見渡せる眼や鋭い爪にあやかり、先を見通す力、本質を見抜く力、幸運をつかめるように、との願いが込められています。

兜…兜は大切な頭部を守るものなので、邪気や災厄から男の子を守り、健やかに成長することを願って産着の柄に使われました。
立派な兜は権力を持つ人でないと被れないものだったので、我が子が立派な人間になれるようにとの願いが込められています。

家紋について
昔の慣習では、男の子の着物には「家紋」を入れます。一般的には父方の家紋を入れるものですが、父親が婿入りしている場合は母方の家紋が入ります。
しかしこれも今では必須ではなく、家紋入りにする場合はその分費用もかかるため、最近では家紋なしの場合も多いようです。

【男の子のお宮参り】購入とレンタル、どっちがいいの?

お宮参りで着る着物は、色とりどりの刺繍が入っていたり、質の良い生地が使われているため金額も高価になります。
費用を抑えたい場合は、レンタルを利用するのもぜひ検討してみてください。

購入のメリット

お宮参りの着物は購入する場合レンタルよりも値が張りますが、代々家族で引き継いで使えるメリットがあります。
大切に保管しておけば、次に生まれた兄弟や、世代を超えても使うことができる思い出の品になります。
また、仕立て直しをすれば七五三のタイミングでも使えるので、良いものを長く使いたい方におすすめです。

レンタルのメリット

必要なときだけ必要なものを借りることができるレンタルは、価格帯も3000円~20000円の程で、人気商品の相場は5000円~10000円前後と購入するよりも断然低コストです。
ネットレンタルを利用すれば、一度もお店に足を運ぶことなく商品選びから返却までできてしまうのも魅力の一つ。
着物の保管の手間や場所も取らないため、赤ちゃんのお世話に忙しいご両親にはぜひおすすめなサービスです。

クリーニングが不要なものや、返却時の送料が着払いのサービスを選ぶとより便利ですよ。
注意点としては、レンタル会社によって貸出期間が違うので返却日に気を付けること。
また、利用料金の中によだれかけや帽子などの小物が含まれているかも気を付けて確認しましょう。場合によっては着物のみの料金だったということあるので、あらかじめサービスの詳細を確認しておきましょう。

【男の子のお宮参り】ロンパースやベビードレスでも◎

白羽二重の内着の代わりにロンパースやベビードレスを着せたい場合は、普段使いができるデザインや、お手入れしやすさなどに着目して選ぶと良いですよ。
産着を掛ける場合は、産着の華やかさがあるために内着は目立ちませんが、産着を羽織らない場合はおしゃれなデザインの内着を選んでもかわいらしいです。

ロンパースの場合は、着物に袴姿の着物風ロンパースや、ベストやジャケット、サスペンダーに蝶ネクタイを着ているようなフォーマル洋服風ロンパースなど、デザインの種類も豊富です。
価格も2000円~10000円程度と予算に合わせて選びやすいです。

ベビードレスは白い布地に豪華な刺繍やレースが写真映えしますし、男女を問わず着られ普段使いができるのも利点の一つです。
価格の相場は4000円~10000円程度で、着物を購入するよりハードルが低いです。

【男の子のお宮参り】家族の服装は?

家族の服装は特に決まりがあるわけではなく、和装でも洋装でも大丈夫です。
気を付けたいのは「統一感」。
基本的には、赤ちゃんが着ているものと同格の服装を着ましょう。

家族がカジュアルな服装になりすぎたり、主役の赤ちゃんよりも格の高い服装を着てしまうとちぐはぐな印象になってしまうので、家族の服装は統一感を持たせるように意識しましょう。

神様へのお参りなので、色や柄などは落ち着いた印象のものを選ぶと良いです。

両親

母親の服装は、和装の場合は淡い色の無地の着物や訪問着、洋装ならフォーマルなスーツやワンピースで露出の少ないものを選びましょう。
授乳のしやすさも考慮して服装を選んでみてくださいね。

父親はフォーマルスーツを着る場合が多いです。白ワイシャツに、白かシルバーのネクタイを合わせましょう。

また、徒歩や公共交通機関での移動時間が長くなる場合は、長時間立っていても疲れないように履物を選ぶと良いです。

祖父母、兄弟

祖父母の服装も、父親母親と合わせた服装にするとまとまりが出ます。
なお、両家の祖父母が同行する場合は、あらかじめ和装か洋装どちらを着ていくかを両家で話し合っておき、服装を揃えると良いですよ。

赤ちゃんの兄弟の服装は、幼稚園や学校の制服を着せるのが無難なようです。
そのほかにも、赤ちゃんの和装に合わせて和装を着るのも良いですし、フォーマル風の洋服を着せる場合もあるようです。

【男の子のお宮参り】家族そろって記念撮影もおすすめ

赤ちゃんにとって初のイベントで、家族そろって正装することもあり、お宮参りのあとに記念撮影をするのもおすすめです。

スタジオ等で予約すると無料で産着を貸し出してくれる場合もあるので、家族みんなでの記念撮影を考えている方は、利用してみるのもひとつの手です。港区赤坂の乃木神社にてお宮参りの出張撮影

【おわりに】一生に一度のお宮参りを素敵な思い出に残しましょう

男の子のお宮参りにはどのような服装を選べばよいか、ご紹介しましたが参考になったでしょうか。
伝統的な着物以外にも洋服など様々なデザインがありますので、赤ちゃんへの願いを込めて思い出に残るお宮参りにしてくださいね。

 

Lu-photoの出張撮影サービスでお宮参りの写真をとりませんか?
男の子も素敵にお撮りいたします!
神社のみで撮影するプランやお宮参りの後の会食シーンまで撮影できるプランもあります。
まずはお気軽にお問い合わせください!!

 

Lu-photoお宮参りの写真のプラン