出張撮影のLu-photo

お宮参りや家族写真の出張カメラマン

世田谷区の松陰神社でお宮参りや写真撮影を考えている方必見!最新情報をお届け!

世田谷区の松陰神社でお宮参りや写真撮影を考えている方必見!最新情報をお届け!

一流ホテルで活躍したカメラマンが出張撮影する「Lu-photo」のウェブサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

 

こちらのページでは!!

「松陰神社のお宮参りについて知りたい」

「松陰神社でお宮参りの写真撮影も考えている」

 

そんな方へ向けてご案内いたします!!

Lu-photoお宮参りの写真のプラン

お宮参りとは

産後30日経過した頃に、産まれた子の健やかな成長と出産の報告を行うための大切な行事です。
赤ちゃんには正装である祝着を着せて、家族揃って神社で御祈祷を受けます。
赤ちゃんにとって初めての記念すべきイベントです。

松陰神社はお宮参りにおすすめ!

東京都世田谷区にある松陰神社をご存知でしょうか。吉田松陰ゆかりの神社で、学問の神様としても崇められています。
ですが合格祈願や学業成就のために訪れる参拝者だけでなく、お宮参りを目的とする人も多くいます。まずはその理由からご紹介します。

 

由緒・歴史

学問の神として知られている吉田松陰は、安政6年に30歳という若さで刑死しています。その後、門下生であった高杉晋作や後の内閣総理大臣となる伊藤博文らが、世田谷区の地に改葬したことがいわゆる松陰神社の始まりです。
神社の創建は明治15年のため比較的新しい神社です。学問の神様として崇められており、全国各地から参拝者が訪れます。

 

御祭神

松陰神社は幕末の教育者であり思想家である吉田松陰が御祭神として祀られています。
そのため受験シーズンになると、吉田松陰にあやかろうと多くの参拝者が松陰神社を訪れます。
境内には、吉田松陰の墓碑や像が安置されています。

 

御利益

松陰神社は、主に学問に関する御利益があることで有名です。
歴史上でも有名な松下村塾の先生であった吉田松陰は、20代半ばという若さで門下生を教えています。
また読書家であった吉田松陰は博識で知られているため、勉学に関する恵みを受けられると考えられているからです。

お宮参りにおすすめの理由

都内には明治神宮や水天宮など有名どころの神社が多く点在しています。
それらの規模が大きい神社と比べて、松陰神社は人の込み具合が比較的少ないため、訪れやすく待ち時間が少ないことが利点のひとつです。
ぐずりやすい赤ちゃん連れでも安心してお宮参りを行うことができるのは、嬉しいポイントです。
お宮参りで訪れた際には、御祭神である吉田松陰にあやかり、子どもが将来学業で大きな成果を上げられるようあわせて祈願してはいかがでしょうか。

松陰神社のお宮参りの御祈祷・ご予約・費用について

松陰神社でお宮参りを行う際には、事前に御祈祷の流れをおさらいしましょう。

当日スムーズにお参りを行うためにも、ぜひ下記の項目をチェックしてください。

 

ご祈祷の受付は何時から?

午前9時~午後3時50分まで受付を行っています。
ただし社務所に休務日があるため、かならず公式HPを事前確認しましょう。

 

ご祈祷の申し込み方は?

HP上または電話による予約制となっています。
当日受付も行っていますが、混雑している場合は、祈祷を受けられない可能性があるので注意が必要です。
お宮参り当日はご祈祷申込用紙を記入し、守札授与所に初穂料と共に提出することで申し込みが完了します。

 

祈祷の受付はどこでするの?

境内にある守札授与所にて受付を行います。

 

初穂料の費用はどれくらい?

5000円から選ぶことができます。金額によって、参拝記念品などの授与品が変わります。

 

ご祈祷までの手順は?

公式HPもしくは電話により、事前予約を行う必要があります。
当日受付も行っていますが、確実に祈祷を行うためにも予約を済ませましょう。
当日は祈祷時間の20分前に来社し、受付を済ませます。祈祷待合室があるので、時間まで待機しましょう。

詳しくは松陰神社さんのホームページでご確認ください。

松陰神社 ホームページ

 


写真引用元【松陰神社: https://www.shoinjinja.org/map/shaden/】

 

松陰神社で撮るお宮参りの写真スポット

都会の中にひっそりと佇む松陰神社には、たくさんの写真スポットが存在します。
世田谷区の住宅街にあるため、ときには商店街のお祭りが行われていることもあり、古き良き時代を感じられることも魅力のひとつです。

まずおすすめしたい写真スポットは黒鳥居です。
黒の鳥居は全国的にも珍しく、建て替えられて間もないため真新しさを感じられます。

松陰神社に着いたら、まずは鳥居前で記念撮影を行いましょう。
木々の緑を背景にそびえ立つ鳥居は、ひときわ存在感を放っています。印象に残る1枚となるでしょう。

続いては社殿です。
正面にかけられた幕には、家紋があります。
この家紋は吉田家のもので、万字が傾いたタイプの珍しいものです。

万字はとてもおめでたい印です。
写真を撮る際には、家紋のついた幕が入るように、社殿前で記念撮影を行うことをおすすめします。

最後におすすめしたいのが、参道の両脇に咲く桜を背景に写真撮影を行うことです。
参道の両側には桜の木が植えられています。開花時期には木々が薄桃色の花を咲かせ、華やかさを演出してくれます。
満開の時期にお宮参りを行う際には、参道での撮影を忘れずに行いましょう。
空の青と薄いピンク色の花びらがよく映えて美しい1枚となります。

Lu-photoお宮参りの写真のプラン

松陰神社のお宮参り、その他情報まとめ

学問の神様としても有名な、吉田松陰を祀る松陰神社についてご紹介しました。
松陰神社の歴史自体は比較的浅いものの、地域の人たちから広く親しまれている神社です。

近年では大河ドラマの主人公の兄が吉田松陰だったこともあり、より多くの人々に知られることとなりました。

学問の御利益があることで知られる松陰神社ですが、お宮参りをする家族もたくさんいます。
松陰神社特有の厳かな雰囲気の中で、記念すべき行事を行ってはいかがでしょうか。

その際には1日の記録を残すために、写真撮影を行うことをおすすめします。
写真に残すことで、いつでも手にとって見返すことができます。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。
最新の情報は松陰神社さんのホームページで確認してくださいね。

お宮参り撮影レポート